読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめこのマンガ倉庫

気になる漫画のネタバレを紹介しています

「食糧人類」2巻が出ました!早速ネタバレ!【ナツネの過去と、施設の実態】

「食糧人類」2巻が出ました!早速ネタバレ!【ナツネの過去と、施設の実態】

 

食糧人類2巻

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

人間を「食糧」にするために、作られた施設。

 

そこに閉じ込められた主人公たちのサバイバル!

 

「食糧人類」2巻

 

ついに発売されました!

 

2巻では、ナツネの過去と、施設の実態が中心に語られています。

 

この記事では、「食糧人類」2巻の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私が読んだのはここ

→コミなび

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

*以下、1巻のネタバレ含みます!*

*未読の方はご注意ください!*

 

 

「食糧人類」2巻あらすじ

食糧人類2巻

 

ある日突然拉致され、謎の施設に連れてこられた高校生・伊江。

 

彼が目にしたのは、人間を飼育・繁殖させ、

 

謎の巨大生物の食糧にするという、おそるべき施設の実態でした。

 

友人のカズとともに食糧にされそうになったところを、施設に潜入していた謎の人物に助けられた伊江。

 

「山引」と「ナツネ」と名乗るその人物は、施設の謎を追っていました。

 

二人とともに、施設を探索する伊江。

 

そこで目にした、衝撃の事実とは?

 

戦慄のサバイバル・コミックです!

 

私はここで読みました

 →コミなび

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「食糧人類」2巻ネタバレと感想

食糧人類2巻

 

「食糧人類」2巻ネタバレ

 

1巻のラストで、施設の作業員がカマキリのような巨大生物に食べられる場面を目撃した、伊江たち一行。

 

間一髪、物置に隠れて難を逃れますが、あっさりと見つかってしまいます。

 

カマキリに食べられる恐怖に、戦慄する伊江。

 

しかし、偶然物置の壁が崩れ、天井裏に転がり込むことで、再び難を逃れます。

 

そこにいたのは、髭面の男。

 

彼の名は「小倉」。

 

かつてジャーナリストであった彼は、施設の実態を告白するため、作業員として潜り込んでいました。

 

しかし、あまりの恐怖に逃げ出して、

 

それからはずっと、施設の天井裏に潜んでいたのです。

 

小倉から聞かされる、施設の実態。

 

そこには政府要人をも巻き込む、おそるべき秘密がありました。

 

それを聞き、怒り狂うナツネ。

 

包丁一つで巨大生物に立ち向かうナツネには、ある重大な秘密がありました。

 

それは、ナツネは「普通の人間ではない」という事実。

 

「増殖種」と呼ばれるナツネは、この施設で作られた、特殊な人間だったのです。

 

そんなナツネの、壮絶な過去とは?

 

母と過ごした、幸せだった日々。

 

ナツネの怒りと悲しみが、胸に迫ります。

 

私はここで読みました

 →コミなび

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「食糧人類」2巻読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

2巻では、施設の実態と、ナツネの過去が中心に語られています。

 

やっぱり一番インパクトがあったのは、ナツネの過去。

 

母と過ごした幼い日々。

 

それはナツネにとって、かけがえのないものでした。

 

ナツネのお母さんは、ナツネを守るため、命がけで戦っていたんです。

 

その姿は、涙なしには読めないものでした。

 

1巻同様、グロいシーンがとても多いです。

 

ですが、2巻はドラマが多くて、とても感動できます。

 

各キャラの個性もさらに出てきて、今後の展開が楽しみすぎる〜!

 

山引くん、かなりヤバい奴ですよ(笑)

 

そして、主人公の伊江がこれからどうなっていくのか。

 

彼も大化けしそうな予感。

 

ドラマチックな2巻です!

 

詳しい内容は、ぜひご自身の目で確かめてみてくださいね^^

 

私はここで読みました

 →コミなび

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

こんな記事も書いています

 

syokuryoujinnrui.hatenablog.com

 

 

syokuryoujinnrui.hatenablog.com